美しいキモノの定期購読・バックナンバー・最新号

美しいキモノの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

美しいキモノの詳細です。


美しいキモノの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 美しいキモノ
雑誌・冊子の内容 日本の伝統文化であるキモノ。織物の原点を訪ねる旅や、きものに似合うヘアスタイル、メイクアップなど毎号盛りだくさんの内容をお届けしています。きものの初心者から上級者まで、また年齢を問わずすべてのきもの愛好家が楽しめる一冊です。
詳細内容 ●6月から9月まで 夏の毎日コーディネイト120
華やかな社交を中心にきものを着用する“社交派”とカジュアルなシーンで
きものを日常的に楽しむ“趣味派”。二通りのライフスタイルから導く、
夏のワードローブ決定版をご紹介!120コーデのなかから、
着回し術やお勧めアイテムも提案します。特集最後の「夏きもの着用カレンダー」を
ご参考に、夏ならではのおしゃれを楽しんでください!


●「美しいキモノ」スタイルVol.2 バカンスの付けさげ
今年、皆様のご愛読のおかげで創刊65周年を迎える『美しいキモノ』。
節目の年を記念して、小誌が長年にわたり提案し続けてきた、
上品でいて華やか、誰からも愛される「美しいキモノ」スタイルをフィーチャーした
ファッション特集を年間でお届けします。
今号では、夏のバカンス先でのドレスアップシーンにほどよい品格が
ぴったりの盛夏の付けさげの着こなしをご紹介します。


●新連載 柴咲コウさんの茶の湯はじめ
きもの好きで知られ、茶道の稽古にも通う女優・柴咲コウさんが
初茶会をひらくまでの茶の湯の心を学ぶ新連載。
今回は、室町時代後期に京都で創業した「とらや」にて菓子作りを体験します。


●越後上布VS.宮古上布
麻織物の最高峰として知られる越後上布と宮古上布。
いずれも古式を守った製法技術は国の重要無形文化財に指定されています。
二大上布を様々な角度から掘り下げて紹介します。


●動画つき!自分でつくる 夏のヘアスタイル
夏のきものを涼やかに装うのに欠かせない、すっきりとまとめたヘアスタイル。
小誌でも活躍中のヘア&メイクアップアーティストの板谷裕實さんに、
自分でできるヘアスタイルを教えていただきました。


●きもの通に徹底リサーチ!暑さと雨対策
最近は雨ゴートの素材やデザインのバリエーションが広がっています。
この特集では新作コートに加えて、全国のきもの通の雨スタイルを取材。
皆さんのアイディアも参考にして、雨の日にきものを着るのが楽しくなるような
雨ゴートで出掛けませんか。


●夏の長襦袢選びと達人の工夫
年々暑くなる夏のきもので快適に過ごすには?素材別に
長襦袢や肌着類の特徴を紹介するほか、
きもの通の長襦袢のおしゃれや涼しく着る工夫を取材しました。


●トップブランドコラボ企画「染の百趣矢野」友禅訪問着をお誂え
きもの界を代表するトップブランドと「美しいキモノ」がコラボレートし、
あなただけのきものや帯のお誂えをお手伝いするこの企画。
今号のブランドは、手描き友禅の染元「染の百趣矢野」。
特別に「染の百趣矢野」で直接誂えることができる夢の企画です。
代表的なデザインをもとに、ご自身の体型にもぴったりと合った
オリジナルのデザインで模様や配色もすべて思うままに。
世界で一枚だけの、手描き友禅の魅力をお楽しみになれます。
雑誌番号 172
出版社 ハースト婦人画報社
出版時期 2,5,8,11月の20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。