愛犬の友の定期購読・バックナンバー・最新号

愛犬の友の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

愛犬の友の詳細です。


愛犬の友の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 愛犬の友
雑誌・冊子の内容 1952年創刊、人と犬をつなぐ掛け橋となるべく、犬の飼育のノウハウから、ドッグ・ショー、しつけ、文化史、動物福祉などの専門分野までを取り上げながら、犬の文化向上に努めてきた犬の総合誌。最近の日本の犬事情はもちろんのこと、海外のドッグ・ショーや犬情報も多数取り入れ、またブリーダー広告などの情報も豊富で内容盛りだくさん。これから犬を飼われる人の相談相手として、長く飼われている人の研究書として、また、これから犬に関する仕事をされる人の手引書として、満足できる保存版の犬の月刊雑誌。
詳細内容 【特集】とことん遊び‼大特集

遊びのレパートリーを増やそう。
ドッグスポーツやアウトドア、気になるノーズワークなど、犬との遊びのヒントがいっぱい。
話題のイベントや噂のスポットもご紹介。
これで一年中、めいっぱい遊ぼう!

●遊びの効果とは?
●犬と飼い主の遊びファイル2018
トレッキング/キャンプ/スノーシュー/SUP/カヌー
●今、ファン急増中の新ドッグスポーツ
ノーズワークってなんだ?
●うわさのイベントに行ってみた
青井浜わんわんビーチ/ドッグマラソン/真夏の雪まつり
●週末のお出かけ先はここでチェック!
【全国】犬との遊びカレンダー2018

【ビーグルLIFE】
活躍中のスーパービーグルや、ビーグルの看板犬、気になるヘルニアの対処法など、ビーグル情報を盛りだくさんでお届け!
●たのしさいっぱい ビーグルLife
●ビーグル式 子犬ギャラリー
●ビーグルの哲学と美学
ビーグルの標準タイプ/ビーグルの歩様/ビーグルのコートカラー
●ライフステージ別 幸せビーグルの育て方
●一難去って、また一難 老犬ビーグル奮闘記
●ビーグルのお手入れ&健康管理テクニック
●ビーグル飼いさんに聞きました ビーグルあるある~♪♬
●ビーグルとの良好な関係の築き方&おすすめトレーニング
●ビーグルを病気から守りたい! 危機回避マニュアル
ヘルニアから守りたい!/甲状腺機能低下症から守りたい!
●ビーグルの看板犬のいるお店
●すごくてかわいい! スーパー・ビーグル
●ビーグル写真館
●わん!ポイント カメラ塾 「本当に必要なカメラの手入れを知りたいです」

【連載】
●エビ沢キヨミの いま気になること調べてみました vol.15
「シャンプーの後に背中をこするのはなぜ?」
●アメリカのアニマル・レスキュー vol.12
「ビジネスネットワークとレスキュー」
●サッチ直美のイギリス犬暮らし 最終回
「余命宣告の倍を生きた黒ラブ、ジョージのお話」
●ドッグトレーナー中西がゆく!
「ハズバンダリー・トレーニング」
●もっと犬と仲良くなるレッスン vol.2
「自信を持つこと、安心すること、信頼を回復することはむずかしい」
●アンドリュー・ブレイスの世界犬探訪 vol.8
「改良か? 誇張か?」

【その他】
●FCI中国インターナショナルドッグショー
●全国で開催されたドッグイベントをご紹介
●海外イベント通信 ディスカバー・ドッグス in ロンドン
●トピックス ~これから開催のイベントや新商品の情報などをお知らせ!~
●information 編集部からのお知らせ
雑誌番号 17
出版社 誠文堂新光社
出版時期 毎偶月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。