旅の手帖の定期購読・バックナンバー・最新号

旅の手帖の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

旅の手帖の詳細です。


旅の手帖の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 旅の手帖
雑誌・冊子の内容 「旅の手帖」は一度手にするとつい何度も読んでしまう旅行系情報誌。取材に基 づく現実感、記事作成のセンスが生かされた「旅の手帖」をぜひご購読ください。
詳細内容 【第1特集】
維新150年! 文明開化の華やかな時代へ
明治を旅する

和洋折衷の近代建築に思いを馳せて 東京の“明治建築”を訪ねる
先人たちが生み出した名物料理 明治創業の“東京洋食”を求めて
日本のカフェ発祥の地 神戸コーヒーの伝統を味わう

ジャパン・シルクでにぎわった ハイカラ港町・横浜を行く ●神奈川県横浜市

国際化への第一歩を踏み出した 異文化あふれる開港地
西郷隆盛&大久保利通の浸かった 鹿児島の名湯めぐり ●鹿児島県鹿児島市ほか

時代を超えて愛される 幕末・明治の英傑ゆかりの湯
義に殉じた激戦の残り香 会津若松城下町を訪ねる ●福島県会津若松市

舞台は列島を北上 戊辰の戦跡を行く
公園も150年前の戦場 上野戦争戦跡めぐり ●東京都台東区ほか

近代日本を築いた志士たちがいた 越前の城下町・福井へ ●福井県福井市

シンボルの五稜星を探して 開拓時代の札幌建築を遊ぶ ●北海道札幌市

明治時代の建造物が集結! 「博物館 明治村」で文明開化を体感
今年が旬! 「幕末・明治150年」の観光イベント&キャンペーン
時代を作るため、日本をめぐった 明治天皇巡幸の記録 打越孝明

【第2特集】
歴史が見えるから楽しい
地図を歩く

地図を歩く悦楽 皆川典久
黒い天守がそびえる町 松本 ●長野県松本市

藩政期の町割りと雅が残る 金沢 ●石川県金沢市

三重の堀と琵琶湖に守られた町 彦根 ●滋賀県彦根市

400年前から商店街だった水城城下 高松 ●香川県高松市

地形マニアの聖地へ 赤羽 ●東京都北区

河岸段丘の町に中世の用水を見る 仙台 ●宮城県仙台市

台地からかつての港町へ 金山~熱田 ●愛知県名古屋市

地図の先進国も認めた精密さ 伊能忠敬が作った日本地図
_________________________________
【とじ込み付録】
鳥瞰図絵師 吉田初三郎の世界
【特別企画】
TOPICS JR西日本ホテルズの新ブランドホテル 
ホテルヴィスキオ大阪6月6日オープン
_________________________________
【連載】
旅で見つけた旬の味_八丁味噌の豆腐田楽●愛知県
ゆるりと歩く町の旅_ハーブが香る安曇野・池田町●長野県池田町
鉄道時間旅行_3路線が争ったお伊勢参りの足 JR参宮線
百年銭湯_古宮鑛泉●富山県富山市
花まるトリップ_懐かし町で触れる彫刻と漆喰の伝統アート●鳥取県琴浦町
空の旅_妙義山
かけ湯くん_気になる網代へ
旅の便利アイテム_hibi 10MINUTES AROMA
_________________________________
【情報】
定番!祭り
お祭りカレンダー
東日本発news&topics
西日本発news&topics
読みたい本
旅する映画
プレゼント&インフォメーション
JRニュース
おいしいプレゼント「愛媛県中予地方」計26名!
旅の手帖アンケート
今月のトラベルクロス【図書カードNEXTが当たる!】
読者からのお便り紹介「みんなの手帖」
バックナンバー&定期購読のご案内
次号予告


雑誌番号 1576
出版社 交通新聞社
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。