生体の科学の定期購読・バックナンバー・最新号

生体の科学の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

生体の科学の詳細です。


生体の科学の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 生体の科学
雑誌・冊子の内容 生命科学・生物科学領域における最先端の研究を、毎号特集形式により紹介。神経科学はもとより分子生物学・酵素科学・栄養科学にいたる領域も含め、注目されるトピックテーマの最新情報を提供する。
詳細内容 ■特集 宇宙の極限環境から生命体の可塑性をさぐる■
特集「宇宙の極限環境から生命体の可塑性をさぐる」によせて(古川 聡)
□I.重力変動の生理機能への影響
ゼブラフィッシュの宇宙環境への適応-イントロダクションに代えて(佐藤 文規・Choi Minyong・瀬原 淳子)
微小重力に対する線虫の応答(東谷 篤志)
細胞の重力応答機構(高橋 賢・佐々並 三紗・長田 仁・成瀬 恵治)
重力に応答する骨組織-宇宙開発にみる生命科学研究(茶谷 昌宏)
無重力の筋タンパク質代謝に及ぼす影響とその栄養学的制御法(二川 健・内田 貴之・真板 綾子・中尾 玲子・寺尾 純二)
□II.宇宙滞在の高次機能への影響
宇宙滞在のヒト循環系への影響(岩崎 賢一)
微小重力・過重力に対する前庭系を介する応答(森田 啓之)
宇宙滞在による骨組織への影響(篠原 正浩)
宇宙環境における睡眠問題の解決(長瀬 博・北川 博之・船戸 弘正・阿部 高志・小久保 利雄)
宇宙でのストレス(道喜 将太郎・高橋 司・松崎 一葉)
免疫機能に対する宇宙滞在の影響(秋山 泰身・堀江 健太・良永 理子・秋山 伸子)
□III.宇宙空間滞在の環境リスク
宇宙放射線と重力変化環境の複合影響(高橋 昭久・池田 裕子・吉田 由香里)
微生物学的生体モデルを用いた銀河宇宙放射線の生物効果に関する研究(藤森 亮・Kristina Beblo-Vranesevic・Stefan Leuko・Ralf Moller)
植物の成長を支配する重力応答と宇宙実験(高橋 秀幸)
宇宙居住と微生物(那須 正夫・一條 知昭・杉田 隆・嶋津 徹・Christophe Lasseur・David J.Smith・Kasthuri Venkateswaran)


●連載講座 生命科学を拓く新しい実験動物モデル‐14
ネムリユスリカを使った乾燥耐性機構の研究(奥田 隆)

●連載講座 生命科学を拓く新しい実験動物モデル-15
軟骨魚類
 -ヒト心臓発生および先天性心疾患発生機構解明のモデル動物としての可能性(平崎 裕二・南沢 享・岡部 正隆)
雑誌番号 1474
出版社 医学書院
出版時期 毎偶月15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。