ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの定期購読・バックナンバー・最新号

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの詳細です。


ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付きの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き
雑誌・冊子の内容 生の英語のインタビューや、すぐに役立つ特集記事などで、楽しく英語力アップできる学習情報誌です。付属CDには、映画・音楽業界や経済界の第一線で活躍する人々のインタビューやスピーチ、英米の旬なニュースなど、さまざまなタイプの英語が収録されており、オールラウンドな英語力を身につけることができます。すべての英文には対訳と語注がついているので、目的やレベルに合せた幅広い学習が可能。読み応えのある連載記事も満載で、毎号飽きずに英語学習を継続できます。来春、創刊45周年を迎える、信頼と実績の英語学習情報誌のトップランナーです。
詳細内容 ■特集■
たった150語!
TOEICスコアが劇的にアップする
「コスパ最高」の英単語

今や年間に200万人以上が受験する英語試験の定番、TOEIC L&Rテスト。多くの受験者を悩ませるものの一つは、「単語」ではないでしょうか。本特集では日韓で発刊された公式問題集から5200問をコーパス分析し、「TOEICに頻出かつ特徴的な単語」を150に厳選!満点ホルダーにして分析のスペシャリスト、西嶋愉一先生の解説とともにお届けします。

■特別企画■
実務直結!
「プレスリリース」から学ぶビジネス英語

あなたは自分が働く会社、もしくは他企業の「英文プレスリリース」を、読んだことがありますか?仕事で身近なプレスリリースを基に、業界の頻出用語や使える英語表現を学んでみましょう。「英文プレスリリース」を学習素材に選ぶことで、仕事で必要な実務知識と同時に英語力も身に付けることができます。TOEICの長文読解問題対策にもお薦めです!

■Audio Focus(インタビューのスクリプト&CD ※雑誌に付属)
EJ Interview 1 マット・デイモン(俳優)&アレクサンダー・ペイン(映画監督・脚本家)
待望の共作で描きだす リアルな非リアルの世界

「ジェイソン・ボーン」シリーズや『オデッセイ』の主演俳優マット・デイモンが、新作では身長13センチに? 地球上の人口増加問題を、人間を縮小することで解決しようとする映画『ダウンサイズ』は、異色SFでありながら、どこかほのぼのとした温かみもあります。 Interview 1では、脚本も手掛けたアレクサンダー・ペインがこの奇抜な着想に至った経緯にふれ、デイモンが作品の魅力と映画の持つ共感力について語ります。

EJ Interview 2 キンバリー・フォーサイス(NPO法人シャイン・オン・キッズ創設者・理事長)
ファシリティドッグが病院で子供たちを癒し、励ます

シャイン・オン!キッズは、日本の小児がんや、重い病気を患っている子どもたちと、その家族を支援する、特定非営利活動法人です。その創設者であるキンバリー・フォーサイスさんは、2歳を前に小児がんで亡くなった息子、タイラーくんとの闘病生活を通じて、患者や家族が少しでも楽に過ごせるよう、サポートするシステムが必要であることを、痛感したそうです。数ある活動の中で、今回はファシリティドッグの活動について、お話ししてくれます。

World News
News 1:トランプ米大統領、就任後初来日
News 2:「独身の日」セール、過去最高の売り上げ
News 3:エアーズロック、2019年に登山禁止へ

Documentary
From AFP ロシアからの亡命者たち

連載
Tea Time Talk(ケイ・ヘザリ)/英米小説翻訳講座(柴田元幸)/通訳の現場から(関根マイク)/勝手にENGLISH JOURNAL! ほか
雑誌番号 142
出版社 アルク
出版時期 毎月6日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。