せとうちスタイルの定期購読・バックナンバー・最新号

せとうちスタイルの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

せとうちスタイルの詳細です。


せとうちスタイルの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 せとうちスタイル
雑誌・冊子の内容 海に浮かぶ、いくつもの島影。島々を染めながら静かに沈んでいく夕日。ふたりで船に乗り、漁にでているご夫婦。ご家族でレモンやオリーブを育てている人たちもいれば、島やその沿岸に移住し、新しい生き方を見つけた人たちもいます。そんな瀬戸内の生き方、暮らし方を紹介する『せとうちスタイル』。人々の物語をはじめ、美しい海や島に育まれたモノたちのストーリーもお届けします。
詳細内容 06
編集長が旅の途中で買いました
せとうちモノnote
第3回 男木島図書館で出会った「ブックカバー」

07
Setouchi Style_Column①
「そうめんとの出会い」ソーメン二郎

08
特集 おいしいのそばには、すてきな風景がある
   ~豊島・淡路島・生口島~

16
おいしいのそばには、すてきな風景がある1
折出 満さん・智世さん(豊島/広島県)

22
とよしまマップ

24
おいしいのそばには、すてきな風景がある2
廻角素輝さん(淡路島/兵庫県)

29
淡路島(南エリア)マップ

31
おいしいのそばには、すてきな風景がある3
永井郁夫さん・正子さん(生口島/広島県)

36
生口島マップ

38
瀬戸内の島と沿岸で出会った
せとうちスタイルな人々

40
太刀魚×タマネギ×レモン
せとうちスタイル限定メニューを食べよう。

42
小豆島の食卓探訪
島のお母さんに
ごはんをつくってもらいました。

50
お弁当、つくってください。
島フレンチ弁当
つくった人 ビストロ伊織オーナーシェフ 前田雄一朗さん 

52
Setouchi Style_Column②
「島と東京タワー」小池よう子

53
せとうちスタイルが気になったモノやコト_TRIP
元小学校の木造校舎がゲストハウスに
「 ネコノシマホステル+喫茶ネコノシマ」

54
私は今日林檎の樹を植える 医療の現場 Vol.04
妊娠中のお母さんと赤ちゃんを守りたい。
小さな生命を守る、小さなふたつのハート。

56
あるく、みるきく、たちどまる。
せとうちのまちを歩けば
第3回 御手洗の町並み 大崎下島(広島県呉市)

62
今日も、明日も、あさっても 自分らしく、美しく暮らす。
毎日の食卓にオリーヴオイルを(小豆島/香川県)

68
北アフリカ・チュニジアから発信 
毎日がオリーヴ

68
Tyrell×せとうちスタイル
自転車で、島を走ろう。
go to honjima(本島/香川県)

74
「淡路島の暮らし・私の日常」
My everyday life in Awaji Island
本田史郎

80
せとうちスタイルが気になったモノやコト_TRIP
暮らすように旅する。
瀬戸内の旅のプラットフォーム
「SUNNY DAY HOSTEL」が誕生。

81
ヒト×シマ×モノ せとうちのいいもの・おいしいもの
旅する通販カタログ

【連載】
90
瀬戸内古墳航海録 第4回 
和田茶臼山古墳(赤磐/岡山県)
乗松真也×宮脇慎太郎

94
モノノケ島あるき遍路 其の肆
正法寺(小豆島/香川県)柳生忠平・清水淳子 

96
せとうち 食のランドスケープ 第4回 
夢醸す、瀬戸内のワイナリー(大三島/愛媛県)
坂口 祐

97
せとうちスタイルが気になったモノやコト_TRIP
瀬戸内海の多島美を
上空から眺める水陸両用機、
せとうちSEAPLANES

98
せとうちinformation

102
おすすめ書籍案内「瀬戸内人の本」

104
航路図&時刻表
SETOUCHI ROUTE【安芸灘とびしま海道編】

110
『せとうちスタイル』定期購読のご案内
雑誌番号 1281700959
出版社 瀬戸内人
出版時期 1,4,7,10月の25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。