薬理と治療(JPT) の定期購読・バックナンバー・最新号

薬理と治療(JPT) の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

薬理と治療(JPT) の詳細です。


薬理と治療(JPT) の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 薬理と治療(JPT)
雑誌・冊子の内容 「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する研究レポート及び医薬品のプロファイルを中心とする専門誌。
詳細内容 ■所感
医薬品の臨床試験を取り巻く環境の移り変わり
大分大学 中野 重行

■ORIGINAL ARTICLES
深部腫瘍に対する薬剤の局注機能を備えた微細径局所加温装置の臨床研究
蓮見国際研究財団 蓮見 賢一郎ほか

Safety evaluation of Lactobacillus paracasei MCC1849 by oral toxicity tests using rats
Satoshi Arai, et al.

蜜蝋はDHA・EPAの吸収率を向上させる
㈱山田養蜂場本社 河野 貴行ほか

アンペロプシン含有藤茶エキスおよびキトサン含有食品の長期摂取時の血清尿酸値への影響と安全性の評価
-無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-
㈱ファンケル 清水 良樹ほか

ラクトフェリン含有食品が睡眠不良者の睡眠感,気分状態および腸内環境に与える効果
-無作為化プラセボ対照二重盲検比較試験-
サンスター㈱ 上﨑 聖子ほか

勤労者を対象としたビフィズス菌含有食品摂取によるストレス・疲労改善効果の検討
-単盲検プラセボ対照並行群間比較-
日清食品ホールディングス㈱ 大木 篤史ほか

健康成人の肝機能に対するブロッコリスプラウト抽出物含有サプリメントの有効性検証
-多施設無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-
東海大学 菊池 真大ほか

Lactobacillus pentosus strain S-PT84株の継続摂取による腹部内臓脂肪低減効果に関する探索的研究とその安全性
-ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-
サントリーウエルネス㈱ 前川 敏宏ほか

アミノ酸等含有サプリメントの単回摂取が運動時の成長ホルモン分泌に与える影響
-二重盲検クロスオーバープラセボ対照試験-
江崎グリコ㈱ 大森 健ほか

Effect of an Apocynum venetum leaf extract (VENETRON®) on sleep quality and psychological stress improvement
-A randomized, double-blind, placebo-controlled crossover study-
Asami Nakata, et al.

■REVIEW
Safety and toxicological evaluation of VENETRON®
-A botanical health product-
Tingfu Liang, et al.

■INFORMATION
CONSORT 2010声明
-ランダム化並行群間比較試験報告のための最新版ガイドライン-
(薬理と治療2010;38:939-49.より再掲載)

論文作成における統計解析に関する留意点
(2015年12月改訂)

45巻(2017年)総目次
雑誌番号 1281691481
出版社 ライフサイエンス出版
出版時期 毎月28日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。