PAVONEの定期購読・バックナンバー・最新号

PAVONEの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

PAVONEの詳細です。


PAVONEの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 PAVONE
雑誌・冊子の内容 芸術やファッションをはじめ、旅やグルメ、美容など、様々なシーンで感じられる最高級の心の贅沢にフィーチャーし、お金では買うことのできない豊かな暮らしへと誘います。読者対象は、美しいものや風景、歴史や伝統に感動する心を持ち、優しさや品性を忘れない方々。読者限定パーティーへのご招待など、さまざまなイベントも開催しております。発行は季刊(4月、7月、10月、1月)となります。
詳細内容 002-005 SCENE
006-007 “ロイヤル”の名にふさわしい高貴なる輝き Royal Asscher ロイヤル・アッシャー
008-009 威風堂々と現代に蘇る「黒備え」の強さと美意識
012-020 トピックス
022-041 そろそろ宇宙の話をしよう
042-061 百花繚乱 九州リゾート
062-063 ダイワハウス PREMIUM GranWood
064-087 情熱のブルーと常夏の風に癒される 幸せのタヒチ
088-089 LOUIS XIII × Pharrell Williams 美しい地球を100 年先の未来へ
090-091 新プログラム「UBS ユニーク」が発足
092-093 家具の彫刻家 フィン・ユールの世界 讃嘆の造形美に触れる日本初のギャラリー
094-095 日本が誇る食文化を世界へ 進化し続ける「ひらまつ」の新ステージ
096-101 Northern Lights Cruise in Norway 世界で最も美しい航路の空に
102-103 “芯食い”で心地よく華麗に飛ばせる Dunlop XXIO X(ゼクシオ テン)
104-107 イタリアで最も新しいラグジュアリー・リゾート Borgo Egnazia ボルゴ・イグナシア
108-111 豪華シェフの饗宴~ Joie de la gastronomie ~ in Palace Hotel Tokyo
112 鹿児島料理にあえて『薩摩焼酎 金山蔵』という非凡
114-115 International 不動産&投資カンファレンス2017
116-117 アリタリア-イタリア航空日本語版機内誌「PASSSIONE」イベント報告
118 フィリップ・ミル来日 オープンから8 か月、日本への想いを綴る
120-121 プレジデントの現在地と未来展望1
122-123 トリニダッド「ラ トローヴァ ラ カーサ デル ハバノ」発売
124 オメガ タイミング、アラン・ゾブリストCEO インタビュー
126-127 次世代のための投資戦略 by UBS ウェルス・マネジメント 第4 回
128-129 青紀ひかりシネマ紀行 あなたに会いたくて、、、
130-133 アートコラム 第25 回 PROSPECT New Orleans
134-135 松本零士、珠玉の識語たち 4
136 PAVONE SELECTION
137 書斎周りの名品たち 第26 回
138-139 PAVONE CLUB ご案内/定期購読
140 アンケート& プレゼント
141 お問い合わせ先リスト
142次号予告
雑誌番号 1281683201
出版社 KPクリエイションズ
出版時期 1,4,7,10月の20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。