INTENSIVIST(インテンシヴィスト)の定期購読・バックナンバー・最新号

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)の詳細です。


INTENSIVIST(インテンシヴィスト)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 INTENSIVIST(インテンシヴィスト)
雑誌・冊子の内容 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究会」(JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。
詳細内容
1.酸素の生理学の重要性…神戸大学医学部付属病院 麻酔科 江木 盛時
2.低酸素血症の弊害…関西医科大学附属生命医学研究所 侵襲反応制御部門 広田 喜一
3.呼吸調節のメカニズム…大阪大学大学院医学系研究科 麻酔集中治療医学講座 田中 愛子,藤野 裕士
4.換気のメカニクス…東京女子医科大学附属八千代医療センター 麻酔科 寺田 尚弘
神奈川工科大学工学部 臨床工学科/北里大学保健衛生専門学院 臨床工学専攻科 野口 裕幸
神戸百年記念病院 麻酔科 尾崎 孝平
5.肺胞から血流への酸素の移動…山形大学医学部附属病院 救急科 中根 正樹
6.血流による酸素の輸送
広島大学大学院医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門 救急集中治療医学 細川 康二,志馬 伸朗
7.酸素療法のモニタリング…横浜市立大学医学部 麻酔科学教室 山口 嘉一
8.PaO2,SpO2以外のモニタリング…杏林大学医学部 救急医学教室 中島 幹男

総論
1.何故,今,酸素療法の目標値なのか?…江木 盛時
2.高濃度酸素の弊害…岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学講座 集中治療部 鈴木 聡
各論
1.心肺蘇生後患者の酸素療法…武蔵野赤十字病院 救命救急センター 鈴木 秀鷹
鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科 安田 英人
2.慢性呼吸器疾患患者の酸素療法…神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 瀬尾 龍太郎
3.ARDS,急性呼吸不全患者の酸素療
広島大学大学院医歯薬保健学研究科 応用生命科学部門 救急集中治療医学 大下 慎一郎
4.周術期患者の酸素療法
鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科/The University of Queensland, Centre for Clinical Research 林 淑朗
5.小児患者の酸素療法…静岡県立こども病院 小児集中治療科 佐藤 光則,川崎 達也
6.脳卒中患者の酸素療法…中島 幹男
7.心筋梗塞患者の酸素療法…藤田保健衛生大学 救急総合内科 大竹 弘隆,植西 憲達

1.自発呼吸患者に対するマスク・カニュラによる酸素投与
横浜市立大学附属市民総合医療センター 集中治療部 大塚 将秀
2.HFNC…徳島大学病院 救急集中治療部 大藤 純
3.高圧酸素療法…藤田保健衛生大学 救急総合内科 神宮司 成弘
【コラム】酸素供給源…尾崎 孝平
【コラム】酸素療法のコスト…鈴木 聡
雑誌番号 1281683127
出版社 メディカル・サイエンス・インターナショナル
出版時期 1,4,7,10月の1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。