Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の定期購読・バックナンバー・最新号

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の詳細です。


Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)
雑誌・冊子の内容 Drug Delivery System(DDS)とは、薬物の病巣到達性を向上し,薬効および患者のQOLを高め,副作用を軽減させる医薬品の開発を研究する学問領域です。必要な薬物を、必要な時間に、必要な部位で作用させるシステム(工夫や技術)は、薬物療法にとって非常に重要な考え方になっています。本学会の前身である「DDS研究会」は、1984年に臨床医学、薬学をはじめ工学領域など幅広い領域の DDSに関する研究を発表する場として水島裕・瀬崎仁先生らによって設立されました。その後、DDS研究の重要性が広く認識されたことから、バイオ医薬、バイオマテリアル分野などとも専門分野を超えて情報交換ができる共通の専門誌として1986年に機関誌『Drug Delivery System(DDS)』誌が創刊されました。1988年には日本DDS学会として組織を改め、広い分野の基礎研究者と臨床医療関係者が交流するユニークな学会となっています。各専門領域の第一人者が編成する本誌特集にぜひご注目ください。
詳細内容 FOREWORD
EPR効果
丸山一雄

OPINION
EPR効果と分子サイズ
田畑泰彦

特集“EPR効果”
編集:丸山一雄
1.EPR効果の発見とその展開
  前田 浩
2.EPR効果への誤解と批判
  横山昌幸
3.EPR効果と血管を標的としたがん微小環境制御によるナノ粒子送達戦略
  櫻井 遊・原島秀吉
4.EPR効果に影響を及ぼす因子の体系化に向けて
  大河原賢一・浅井知浩・兵頭健治・浅野 誠・菊池 寛
5.超音波とマイクロバブルによる血管透過性亢進に基づくEPR効果促進への期待
  鈴木 亮・小俣大樹・ウンガヨハン・大崎智弘・丸山一雄
6.NO放出型ナノリポソームによるEPR効果亢進 片山佳樹
7.内因性アルブミン輸送システムを利用した腫瘍選択的NO供与によるEPR効果の制御
  異島 優・丸山 徹・石田竜弘・小田切優樹
8.EPRに基づくCAST療法への展開:臨床から学んだこと
  松村保広

連載
・DDS製品開発の最前線[36]
  持続性抗精神病薬 エビリファイ(R)持続性水懸筋注用
  松田貴邦

・若手研究者のひろば
  エクソソームに随伴し標的細胞へ侵入する抗体結合型核酸ドラッグ
  山吉麻子

・JCRだより
  JCR掲載論文紹介 佐藤悠介/小出裕之
  JCR掲載トピックス 小俣大樹/原矢佑樹

・CRSだより

・DDS学会だより

・集会案内

・用語解説
雑誌番号 1281683113
出版社 じほうビジネスサービス
出版時期 1,3,7,9,11月の28日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。