スロウの定期購読・バックナンバー・最新号

スロウの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

スロウの詳細です。


スロウの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 スロウ
雑誌・冊子の内容 スロウは、北海道で暮らす私たちが、北国の暮らしや人、モノ、お話などを見つめ直し、楽しむための本です。 これまで光の当たらなかった北海道の本当の魅力が詰め込まれた誌面には、心豊かに楽しく生きていくためのヒントがいっぱい。また、通信販売のページでは、北海道の大地や人々が生みだしたこだわり品を生産者の思いや誕生秘話を深堀りしながらご紹介しています。豊かな大自然をそのまま切り取ったような美しい写真も大人気!!
詳細内容 [連載]記憶の中の風景 vol.54

[巻頭特集]愛しの小さなまちへ
・HOTEL NUPKAが挑戦する、新しい「まちづくり」。 人生100年時代を見据えた「自分らしい生き方」を、共に模索する場として。
・開校!十勝さらべつ熱中小学校 亀井秀樹さんが選んだ「地方」でキャリアを積む道
・「つなぐらす」空き家リノベーションプロジェクト 移住者へ理想的なライフスタイルを。1歩踏み込む自治体の取り組み。
・みんなでシェアする映像メディア「道東テレビ」 情報を記録し発信することで、地域愛は「深化」する。
・スペシャルが詰まった 三笠高校の3年間
・この場所だから、集う 小さなマチが“主役”になる日
TOBIU CAMP
小さな町の小さなマルシェ
共立日和&旅するカフェ
スロウ村の仲間たち

クナウこぞう文庫からのおしらせ

[連載] 北海道ゆったりある記

[単独企画]
・時代に合わせて生きてきた 豊平館は貴婦人

[スロウセレクション]
・カキキンのカキえもん
・小田壱の半生うどん
・ニシクルカフェの自家製酵母ベーグルセット
・大塚オーガニックファームの有機ほしいも
・うらがみミートの無添加セット
・佐藤さんちのぎょうざの餃子としゅうまい
・造り家の無添加キムチと加工品
・いとげん味噌工房のスイートコージ
・工房レティエのナチュラルチーズ
・ポロ二養鶏場の有精卵とスイーツ
・Carino Karinの春待つ花のブローチ
・プラスさかなプロジェクトの函館直送さかなグッズ
・セントモニカのベビー&マザーシリーズ
・Le Reveのミニチュアハットポーチ
・asanomiの一輪挿し
・クラフト蒼の尾を振る小鳥の掛け時計
・アトリエもくれんの木の小物
・クナウマガジンのスロウオリジナルグッズ


[単独企画]
・七飯町仁山の小さなパン屋 親方とおかみさんのHütte
・丸善川原水産のプラスさかなプロジェクト 函館の魚河岸から、魚を楽しむ新たな価値観を
・熱血オーナーが教えてくれた、十勝の食材で元気になる理由
・いつの時代もオシャレの流行は女性から アンティーク着物の愉しみ
・かご作家、小林紗織さん 大好きなかご編み。材料は近くの山から。
・暮らしと珈琲みちみち種や 暮らしに寄り添う珈琲に、平和への願いを託して
・幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば リニューアルオープン 普遍的な幸福を考える、まちの新たな宝物として

[連載] 北海道 来るべき未来を見つめて
[連載] スロウなカフェを訪ねて
[連載] 道産素材で作る 女将のレシピ
[連載] 鈴木周作のさっぽろ市電日記
[連載] とりのはなし ワタリガラス
雑誌番号 1281682697
出版社 ソーゴー印刷
出版時期 2,5,7,10月の25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。