WWD BEAUTYの定期購読・バックナンバー・最新号

WWD BEAUTYの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

WWD BEAUTYの詳細です。


WWD BEAUTYの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 WWD BEAUTY
雑誌・冊子の内容 ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。
詳細内容 「WWDビューティ」5月17日号は、創刊500号を記念した特別企画「今知っておきたい500のビューティキーワード」特集です。「WWDビューティ」は2007年9月に“日本唯一のビューティ週刊紙”として創刊して以来、さまざまな製品や技術、商業施設、人物を紹介し、市場をにぎわせてきました。今特集ではメイクアップやスキンケアをはじめとする16のカテゴリーから、この10年売れ続けている名品や、注目の人物、新技術など、今知っておくべきビューティ業界のキーワード500を厳選して紹介します。
 登場するカテゴリーは全部で16。メイクアップでは10年以上支持されているメイクの名品を紹介する他、国内外のコレクションのバックステージで活躍するアーティスト2人にトレンドについてインタビュー。ヘア業界は知っておくべき美容師50人と50サロンを、フレグランスは今後ますます活性化しそうな日本の香水市場の2大トレンドや特性などについて取り上げています。
 また、スーパーフードの人気が続くインナービューティ界隈、近年より身近な美容法として注目を集める美容医療のトレンド、国内のみならず海外にも広がるEC、健康志向の高まりを受け活況なフィットネス業界の動向、空前の“ボタニカル”ブームで盛り上がるオーガニック&ナチュラルコスメも詳しく紹介しています。500号記念というだけでなく、週刊紙ならではのスピード感でお届けする、業界のみならず美容に興味がある人全員に贈る渾身の特集です。
 ニュース面では、9月中旬に登場する化粧品業界初となるメイクアップ中心の総合メンズブランド「FIVEISM BY THREE(ファイブイズム バイ スリー)」をスクープ。「メンズのメイクアップに着目したブランドは皆無に等しい」と語る石橋寧アクロ会長のインタビューとともに、新ブランドの全貌をひも解きます。
 その他、「ディオール(DIOR)」が発表した一般の人も使えるプロメイクライン「リファ(REFA)」から登場したエステの手技を取り入れたカッサ、リニューアルしたヘアケアブランド「レヴール(REVEUR)」「メルサボン(MELSAVON)」などの新商品情報も掲載。また、40代女性に向けた雑誌「美的 グラン(GRAND)」創刊や、「ケラスターゼ オレオ リラックス(KERASTASE OLEO RELAX)」の発売以来初となるリニューアル、「パルファム ジバンシイ(PARFUMS GIVENCHY)」の香水の新ミューズ、「ロクシタン(L’OCCITANE)」の新保湿ラインにも注目です。
雑誌番号 1281682256
出版社 INFASパブリケーションズ
出版時期 第1木曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。