OPE NURSING(オペナーシング)の定期購読・バックナンバー・最新号

OPE NURSING(オペナーシング)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

OPE NURSING(オペナーシング)の詳細です。


OPE NURSING(オペナーシング)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 OPE NURSING(オペナーシング)
雑誌・冊子の内容 日々手術室で「一歩ずつでも前進したい!」と頑張るオペナースに寄り添い、全力サポート! 手術看護で必須な知識・手技を、根拠(理由)とともに、イラスト・写真たっぷりで解説。「わからない!」「困った!」を徹底的に解消します。 基本を知りたい方はベーシック特集から、もっと上を目指したい方にはレベルアップ特集、管理者・認定看護師の方には連載で他施設の情報や各診療科の最新情報を。どの層の「知りたい!」にもお応えします。
詳細内容 ・編者のことば



【はじめに】
◆Problem-based Learning and Discussion(PBLD)で周術期管理を学ぼう ~症例ベースでノンテクニカルスキルを育てる~



【第1章 術前評価】
<総論>
◆術前評価

<各論>
◆A 術前診察時の対応
◆B 術前訪問で患者からキウイにアレルギーがあると言われた
◆C 気管挿管困難の既往のある患者への対応
◆D 肥満患者に対する術前麻酔計画



【第2章 入室~モニタリング開始】
<総論>
◆患者入室時の注意点

<各論>
◆A 患者入室時のトラブル
◆B 大腿骨頸部骨折で手術予定の患者のSpO2低下
◆C 大腿骨頸部骨折で手術予定の患者の不整脈



【第3章 導入】
<総論>
◆導入~気道確保までの注意点

<各論>
◆A 静脈ルートが確保できない
◆B 点滴漏れ
◆C 麻酔導入後のアナフィラキシー



【第4章 気道確保】
<総論>
◆気道確保困難時の対応

<各論>
◆A 予期せぬフェイスマスク換気困難
◆B 予期せぬ気管挿管困難
◆C 予期せぬ気管挿管・換気困難から侵襲的気道確保



【第5章 手術開始・麻酔維持中】
<総論>
◆手術開始と麻酔時の注意点

<各論>
◆A 中心静脈穿刺時の不整脈
◆B 術中の大量出血
◆C 肺塞栓症
◆D 術中の高カリウム血症
◆E 悪性高熱症を発症
◆F 手術室内での火災
◆G 術中の地震



【第6章 覚醒・抜管】
<総論>
◆覚醒・抜管時の注意点

<各論>
◆A 覚醒時のシバリング
◆B 覚醒時の再出血
◆C 開腹手術後、ガーゼカウントは合っていたはずだが、腹部X線写真でガーゼが写っている
◆D 覚醒時に高血圧、頻脈
◆E 患者の覚醒後に抜管したが、呼吸状態が悪く再挿管
◆F 気管挿管困難症例の抜管



【第7章 局所麻酔時】
<総論>
◆局所麻酔時の注意点

<各論>
◆A 局所麻酔下での慢性硬膜下血腫の手術
◆B 局所麻酔下における術中の局所麻酔薬中毒
◆C 腕神経叢ブロック後の気胸



・Index
雑誌番号 1281682131
出版社 メディカ出版
出版時期 毎月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。