CAR MAGAZINE(カー・マガジン)の定期購読・バックナンバー・最新号

CAR MAGAZINE(カー・マガジン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

CAR MAGAZINE(カー・マガジン)の詳細です。


CAR MAGAZINE(カー・マガジン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 CAR MAGAZINE(カー・マガジン)
雑誌・冊子の内容 国内外の希少なヒストリックカーから、最新のニューカーに至るまでそれぞれのクルマの歴史やスペックを徹底的に掘り下げていく。イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、アメリカなど自動車趣味の本場である世界各国に特派員を置きそのネットワークを生かした新車速報も掲載。クルマばかりでなく、オーナーやメカニック、設計者など周囲を取り巻く環境にもスポットをあてている。ヴィンテージ・カー好き垂涎の雑誌。
詳細内容 ◎特集:ロータスを走らせる人

新旧問わず、ロータスは不思議なキャラクターの持ち主だ。今や他の多くの“スポーツカー・
メーカー”が、実はスポーツカー以外のクルマも多く手掛ける中、ロータスだけは、ミッドシップの
ピュアスポーツカーしか作っていない。
そんな徹底したスタンスや、創業者C・チャップマンの前衛的なイメージから、ロータスに対して
敷居の高いイメージを持つクルマ好きも少なくない。ロータスを素通りして来たクルマ好きほど、
そんな印象を強く持っているのかもしれない。
そんなロータスははたして“狂信的な信者”だけのものなのか、それともそれは単なるイメージで、
実は敷居の低い“民主的スポーツカー”なのか。
今さらロータス?はたまた今こそロータス?定番ヒストリックから現行モデルまで、ロータスに
かかわる様々な人々の視点を通して検証する。

・Bowさんとロータス47GT

・サーキットで戦う関口さんとエラン26R

・LOTUS EUROPA SPECIAL チーフメカが愛した“スペシャル”な1台

・今さらロータス?否!今こそロータス!!

・AUTHENTIC CARS リアルタイムを知る強さ

・TECHNICAL SHOP HAPPY 老舗の匠ワザ

・今からロータス、その具体例


その他コンテンツ

◇PORSCHE 912 & 718 CAYMAN 魅力の中心には4気筒エンジンがある

◇真冬のパリを“行進”するヒストリックカーたち

◇THE 58TH SHCC MEETING AT OISO LONG BEACH ヒストリックカーが華麗に舞う58回目の競演

◇100TH TAKAO SUNDAY MEETING 類は友を呼びながら次なるステップへ

◇100万円でドロ沼に陥る!? ルノー・メガーヌR26.R & ルーテシアR.S & カップカー

ほか
雑誌番号 1281681866
出版社 ネコ・パブリッシング
出版時期 毎月26日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。