AUTO SPORT(オートスポーツ)の定期購読・バックナンバー・最新号

AUTO SPORT(オートスポーツ)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

AUTO SPORT(オートスポーツ)の詳細です。


AUTO SPORT(オートスポーツ)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 AUTO SPORT(オートスポーツ)
雑誌・冊子の内容 日本初のモータースポーツ専門誌として1964年に創刊され、レース関係者必読の雑誌。モータースポーツファンの間では随一の専門誌として広く認知されています。また、本誌特約の豪華レギュラー執筆陣からの寄稿、著名フォトグラファーの作品を掲載。読者層の大半を占めるレース観戦派のために、定期的にサーキット情報を掲載。初めてレースを見ようと思っているビギナーに対しての情報も満載。さらには、モータスポーツの頂点であるF1をはじめ、WRC(世界ラリー選手権)といった人気レースの詳細情報はもちろん、各国のイベント情報をタイムリーに掲載しています。
詳細内容 1000kmじゃなく300mkで示されるGT500 3ワークスの実力

スーパーGT@鈴鹿
1000km並みの濃密ハイバトル速報

as Bridge ~ コース の内と外をつなぐ「 いま 」の 話題 ~

The moments. ── 永遠 の 瞬間 。

■on the edge── 情報 が レース をもっと 楽しく する

【 スーパーGT 】
[ 速報 ] Round 3 @ SUZUKA
超濃密 鈴鹿 スプリント ── あいつ に 勝った ぜ。
GT300 戦略 が生んだ5台の 数珠 つなぎ
ARTA NSX vs RAYBRIG NSX
K-tunes RC F 優勝 の裏側にあった 苦悩 と 願い
キーパー LC500 の 分析 と 展望
NSX-GT 弱点 承知の 年間戦略
「後乗り」で 覚醒 した 関口 が得た 信頼
17号車 ケーヒン、ホイール の 秘密
GT300、 追い風 か 逆風 か
ニスモ 、 燃リス を感じさせない 追い上げ
GT500 全ラップタイムチャート
GT500 / GT300 レースレポート

【 F2 】
登竜門 の 洗礼 と 差し込む光
垣間見える 速さ 、待たれる 完全順応 ── ロシアンタイム 牧野任祐
噛み合わない 歯車 、 独り じゃ 戦えない―― アーデン 福住仁嶺

【 F1 】
F1 Round 5 スペイン GP
フェラーリ 失速 の 真相
みんなの 日本GP が続いていくために ほか

【 INDY500 】
予選 絶好調 、 シボレー 勢の優位揺るがず

【 OTHER 】
WRC 第6戦 ポルトガル 、 FE 第9戦 ベルリン 、 ニュルブルクリンク 24時間 ほか

【 SUPER FORMULA 】
Round 2 AUTOPOLIS 紙一重 の 週末
海外修業 で 速さ と 強さ が増した 平川
“ 日本 の セナ ”の 将来性
Q2 トップ の 可夢偉 がQ3で1秒落ちの なぜ
マカオ GP優勝者が 参戦


■SPECIAL FEATURE

BATTLEFRONT ─ 2018 ─ スーパーGT 最前線
[ GT500 本当 の 勢力図 ] 最速 マシン はどれだ?

故・山田健二 エンジニア に見る 理想 のエンジニア像
「開けたことのない 引き出し は開けるな」

[ GT300 座談会 ] 平手晃平 × 小林崇志 × 安田裕信
パッケージ によっては GT450クラス がいる!?

■FEATURE
[ PREVIEW ]
予想屋 キノシタ 先読み 富士24時間

参加型 サミット 。 進化 する「 スーパー耐久 」の 現在地


■IRREGULAR
ENDLESS ── 真の フィードバック を追求して。
SINANO TENT ──カッコ良さに宿る 圧倒的 な 信頼感
SPV ── 2019 ニュル参戦 へ仕上げの段階
PCCJ ── 成長著しい 若手ドライバー の躍進
本気 の ラリー映画 『 OVER DRIVE 』
Road to the TOP 2018──チームタイランド、SUPER GTへの挑戦

■REGULAR
F1 DEEP NETWORK
from Worldwide Pressroom
全日本MS会議/【新連載】あの日の ポディウム
auto sport before & after
[連載] クルマ と レース を感じる コラム ピット・イン──いしいしんじ
PRESENT FOR READERS


雑誌番号 1281681649
出版社 三栄書房
出版時期
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。