聴く中国語(CD付き) の定期購読・バックナンバー・最新号

聴く中国語(CD付き) の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

聴く中国語(CD付き) の詳細です。


聴く中国語(CD付き) の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 聴く中国語(CD付き)
雑誌・冊子の内容 CD付きの雑誌『聴く中国語』は、2002年に創刊した、HSJ株式会社のメイン誌です。「中国語の習得は「聴く」ことが一番の近道である。」 このテーマからブレることなく、一貫して現在まで続けてまいりました。中国の文化や歴史をはじめ、旅行記・ことわざ・現代語・詩・映画・小説など、バラエティに富んだ飽きのこない内容が最大の魅力です。ネイティブの生の声、現代中国人の声を、毎月、日本の皆さんに届けております。中国語初級者でもご安心を!本誌の項目別に難易度が表示されていますので、無理なく楽しく学習できます。マスコットキャラクター、パンダのパン君と一緒に“聴く”中国語学習を始めませんか?☆定期購読がダンゼン!お得です☆
詳細内容 003  中国名建築をめぐる

006  プロローグ・レベル別活用法     track01

007  中国大接近 「春節聯歓晩会」大接近   track02-06

016  中国80日間片道きっぷ

019  ニュースフォーカス track07-14
英国のEU離脱交渉、第2段階へ
中国鉄道部門、2018年旧正月に備える
2018年中国の電気自動車は実力で「追い越し」を
NASAがミニ太陽系の惑星を発見
2017年の漢字は「北」
「失恋博物館」が来春、東京で展覧会

034  実践ビジネス中国語フレーズ30 track15-16
    テーマ:海外出張

038  常用コロケーション40   track17

040  中国人ならズバリこう言う! 話不能zheme説  track18

041  「おもてなし」中国語会話 第29回  牛丼店で  track19-20

046  パンくん奮闘記 第96回 圧歳銭 track21

048  茶館でティータイム「なぞなぞランド」「脳トレクイズ」  track22

050 多音字  track23

051 インタビュー    track24-27
清華大学・野村総研中国研究センター 理事・副センター長  松野豊(まつのひろし)

058  中国語でニッポンを語ろう

062  成語故事 春風得意     track28

064  中国人の心の歌 春花与春泥之歌  track29-30

066  華流スター

068  三行日記五七五 

072  ちょっと立ち読み中国雑誌 

074  料理で学ぶ中国語 紅焼茄子

076  三国旅行 第12站 五丈原・諸葛亮廟  track31

078  生きた会話は「映画&ドラマ」がお手本! 失恋33天 track32-33

080  音読で味わう中国古典名作 相思  track34-35

083  最新ネットの流行語 戯精

084  中国語添削教室

085  中国語名言

086  相原茂の「中国語ひらめき塾」 

088  中国法律相談箱

090  通訳案内士を目指そう!第8回 東京晴空塔 track36-37

092  聞き取り道場 大禹治水  track38

094  中国人から見た日本

098  論語で学ぶ中国語   track39

099  聴いて楽しむ中国小説 風筝  track40-43

106  TECCリスニング模擬試験・解答・問題文

108  中国語検定3級リスニング模擬試験・解答・問題文

110  新HSK5級リスニング模擬試験・解答・問題文

115  C.Testリスニング模擬問題・解答・問題文 track44

120  読者ひろば・プレゼント・アンケート 

130  エピローグ track45
雑誌番号 1281680631
出版社 HSJ株式会社
出版時期 毎月9日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。