月刊フードケミカルの定期購読・バックナンバー・最新号

月刊フードケミカルの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊フードケミカルの詳細です。


月刊フードケミカルの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊フードケミカル
雑誌・冊子の内容 マーケティングとテクノロジーを合わせ持った技術情報誌として、食品加工業界にかかわる事象を常に新しい視角でとらえ、かつ深い考察を加えて提示しつづけてきました。本誌の扱う領域は、食品化学をはじめ、食品、食品工学、食品製造学、食品衛生学などまで広範囲の科学分野にわたり、具体的には天然物、食品添加物、食品素材・原料分析技術に関するものや、品質管理システムなども対象としています。また、これらの研究開発・製造技術に関する分析機器、理化学機械、製造装置、包装資材などの関連産業も取材対象としています。食品会社はもとより食品産業に関連する大学、専門学校、各研究機関の技術開発研究者から企画、品質管理、資材、営業、経営担当者必読の専門誌として、価値ある情報を提供しております。
詳細内容 月刊フードケミカル 6月号 特集1 HACCP制度化 特集2 まるごと調味料
 

▽特集1 HACCP制度化

●HACCP制度化の動向と日本食品衛生協会の取り組み
・・・桑﨑俊昭(日本食品衛生協会)

●≪特集インタビュー≫常識化した工程をハザード分析で再認識
 ・・・荒木惠美子氏(日本食品衛生協会)

●効果的なHACCPの構築
 ・・・南谷怜(SGSジャパン)

●ISO 22000改定の近況
 ・・・湯川剛一郎(湯川食品科学技術士事務所)

●HACCP導入のサポート資材・サービス ・・・編集部


▽特集2 まるごと調味料

●素材をまるごと活かしたタイプの調味料
 ・・・石田賢吾(日本エキス調味料協会)

●野菜の風味を活かした生ソースおよび乳酸発酵野菜を利用した焼肉のたれの開発
 ・・・三枝弘育(東京都立食品技術センター)

●風味をそのまま粉末化「丸ごとパウダー」
 ―― 素材のフレッシュ感の再現に徹底的にこだわったエコな製品 ――
 ・・・森一浩(佐藤食品工業)

●加工食品における出汁感の付与について
 ・・・水野勉(イズミ食品)

●注目のまるごと調味料

▽レーダー
 日本型フードディフェンスの要は“人と人の輪”

≪インタビュー≫
 「カンピロバクター食中毒の予防の可能性を考える」
  ・・・一般財団法人東京顕微鏡院 名誉所長 伊藤武氏

▽食添・食素材カラム

▽スポットライト

栄養士のあったらいいな素材・添加物
   第26回「アレルギー対策③」

▽新刊紹介

▽工場ルポ ライステクノロジーかわち

▽最新技術情報
 溶解・ゲル化温度が低下した新規ジェランガム「ケルコゲル®DGA」
 ・・・德野悠祐(DSP五協フード&ケミカル)

温故知新 
   ◆第45回 もやしの栽培、病害と種子殺菌
   ・・・宮尾茂雄(東京家政大学)

▽情報カプセル

食品検査の迅速・簡便化技術 第37回
   ●食物アレルゲン検査の最新の動向
   ・・・鶴田慎太郎,神谷尚徳(日本ハム 中央研究所)
   ●食品の迅速簡易検査資材・機器類一覧 ――食物アレルギー検査――

▽最新機器情報

▽イベントダイアリー

▽文献速報

▽通関統計

▽次号予告

▽広告索引

☆表紙イラスト・デザイン:江口英弘
雑誌番号 1281680399
出版社 食品化学新聞社
出版時期 毎月15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。