東亜の定期購読・バックナンバー・最新号

東亜の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

東亜の詳細です。


東亜の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 東亜
雑誌・冊子の内容 ▼中国・アジアの動向に関心のある一般社会人から、ジャーナリスト、中国関係ビジネスマン、中国・アジア研究家まで幅広いニーズにお応えする雑誌です。▼学部を問わず、中国・アジアの現代を学ぶ大学の副教材としても最適です。▼グローバルかつ客観的な視座、事実に基づく精緻な実証分析、フィールドワークの重視、机上の空論ではない活きた情報の提供が『東亜』の主眼です。 ▼政治・経済・国際関係・安全保障、人事動向などを広くカバー、『東亜』一冊で中国・アジアの動向が分かります。 ▼第一線で活躍中の中国・アジア研究家、ジャーナリスト、企業家、作家など一流の執筆者を動員、多角的な視点と切り口で最新情報をお届けします。▼次代を担う新進気鋭の研究者による新鮮かつ柔軟な視点も積極的に掲載しています。※≪霞山会会友特典について≫◆【特典1】午餐講演会(アジア・中国専門家を迎えての講演会、年間11回)および日中シンポジウム(東京開催時)のご案内状をお届けします。◆【特典2】本会出版物(書籍)を特別割引価格(来会2割引、郵送1割引)で購入できます。◆【特典3】東亜学院(中国語各講座)の入学金が無料になります。
詳細内容 ■COMPASS
*日本人の中国観とその陥穽-歴史からみえるもの 岡本隆司
*中央経済工作会議にみる18年政策方針 細川美穂子
*アジアは中国に買われていくのか 吉岡桂子
*文在寅大統領、改革実行力が問われる政権2年目 西野純也
■特集 中国経済最前線
*台頭する中国のインターネット金融
-第三者決済を例にした市場の動向- 関根栄一
*日本企業による中国進出の現状と今後の方向性 丹下英明
■ON THE RECORD
*中国のプラットフォーム企業とイノベーション
:強さにどう向き合うか 渡邉真理子
■ASIA STREAM
*[中国の動向](2017年12月-2018年1月)
破竹の勢い、 中国の電子決済ビジネス 濱本良一
*[台湾の動向](2017年12月-2018年1月)
電動車普及へ大きく舵をきった台湾 門間理良
*[朝鮮半島の動向](2017年12月-2018年1月)
北朝鮮の平昌五輪参加表明と日韓合意の挫折 塚本壮一
■フォルモサ通信〔5〕
*中国の統一工作、より巧妙に-台湾人意識に変化も 塩沢英一
■Briefing Room
*第19回共産党大会後の発展戦略(下)
-現地で中国人研究者に聞く 伊藤 努
■CHINA SCOPE 
*新オープン総合商業施設の“ファミデパ”戦略 原口純子
■チャイナ・ラビリンス〔166〕
*2018年の主要イベントと胸突き八丁の軍隊改革 高橋 博
■連載 不確実化・深刻化する世界の安全保障環境〔5〕
*非西洋の国際関係理論の浮上と課題-概要の理解 角田和広
■New Publications on Asia
雑誌番号 1281680376
出版社 一般財団法人 霞山会
出版時期 毎月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。