赤ちゃんとママの定期購読・バックナンバー・最新号

赤ちゃんとママの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

赤ちゃんとママの詳細です。


赤ちゃんとママの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 赤ちゃんとママ
雑誌・冊子の内容 「?」尽くしの赤ちゃんとの育児生活。たくさんの楽しいこともあればいろいろと悩むこともあります。『赤ちゃんとママ』は、そんな「?」や悩みに応える内容満載の雑誌です! 赤ちゃんの生活・健康や病気対策方法などの育児情報はもちろん、親子のメンタルケアを専門の先生の指導のもとに分かりやすく紹介しています。また、タイムリーな特集、子育てアイディアエッセイなど読み応えのある記事も豊富。何もかも始めての新米パパ・ママはもちろん、2人目、3人目を育てている先輩パパ・ママにとっても役立ちます。
詳細内容
☆今月の表紙☆

ショコラさん(アーティスト)
長男(撮影時9ヵ月)


★今月の特集★

○男女の違いを知って認めながら
夫婦力を高め合おう!

産後に大きく変わる夫婦の関係。そんな今だからこそ、男女の違いを知って認め合い、
お互いの気持ちを伝えてみませんか?
ふたりの新しい関係が見えてくるかもしれませんよ。
監修/黒川伊保子(株式会社感性リサーチ代表取締役)



~赤ちゃん・からだ・健康~

うんちと健康状態
中野康伸(中野こどもクリニック院長)

●うんちの観察ポイント
●どこからが便秘?
●下痢になったら?



◎大人ごはんの素材から 季節のとり分け離乳食◎

指導・調理=中村美穂(管理栄養士)

・あじの甘酢あんかけ丼
・アスパラとじゃがいものじゃこきんぴら
・麩とプチトマトのスープ

*知りたい! 離乳食のギモン
離乳食の「甘味」の目安は?



すこやか赤ちゃん~季節のお世話と過ごし方~

○赤ちゃんの夏のスキンケア
沖直子/東京都北区 法善寺保育園看護師

屋外で過ごすことが多くなる季節。紫外線予防や虫刺され対策など、
夏の気になる皮膚について考えます。



♪ Mama’s Care 生月弓子
 『子宮筋腫』


♪子どものまなざし 親のまなざし 宮里暁美
子どものやりとり おもしろいな


♪ 赤ちゃん学 たべるねむるあそぶ~生活リズムは赤ちゃんから~
小西行郎
『あそぶ――赤ちゃんの運動能力』


♪育児も家事も、お仕事も。頑張るママをそっと支える
働くママのバランス・ボード Vol.2
「時短」の上手な取り方、使い方


♪ エッセイ
『ママはひとりで頑張らないで』
hitomiさん(歌手)


♪ケロポンズの 赤ちゃんとあそぼう 


♪育児道を究める パパ武者列伝パパボンド
 『国税調査官のパパ』


♪ パパの健康相談室
『尿酸値・痛風』


♪ パンク町田の生きるための子育て
『カンガルー』


♪TEDUKURI NO JIKAN
『カウボーイスタイ』


♪ヒト・モノ・コト
『なかのドリーム』


♪ サンドウィッチマンの俺等に聞くの!?



ほか

* 一部記事が変更になることがあります。ご了承ください。




【次号予告】

特集■ 
子どもとメディア


健康■~赤ちゃん・からだ・健康~
夏カゼ


離乳食■大人ごはんの素材から 季節のとり分け離乳食
ささみときゅうりのサンドイッチ/いわしとかぼちゃのマリネ/トマトりんごゼリー


ほか

※一部記事が変更になることがあります。ご了承ください。

雑誌番号 1281680303
出版社 赤ちゃんとママ社
出版時期 毎月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。