アジアの石油化学工業の定期購読・バックナンバー・最新号

アジアの石油化学工業の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

アジアの石油化学工業の詳細です。


アジアの石油化学工業の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 アジアの石油化学工業
雑誌・冊子の内容 世界経済の激動に揉まれながらも力強い成長路線を歩んできたアジアの石油化学産業は、生産・需要ともに量的な拡大傾向を続けてきました。この成長市場に向けて、中東では再び大規模な新増設計画が進められており、アジア最大の胃袋となった中国でも、輸入の拡大を抑えるべく国内の新増設計画を推進しています。注目の中国は今後さらにどう動くのか、目が離せないアジア石化工業の現状をまとめました。
詳細内容 第1章 アジア石油化学工業の現況と将来
・アジア諸国の経済成長
  アジア諸国の主要経済比較
  アジア諸国の経済成長率推移
・アジアの石化製品需給動向
  アジア各国の石化製品需給
  アジアと世界の石化基礎製品需給予測
  エチレン誘導品とエチレンの需給見通し
  プロピレン誘導品とプロピレンの需給見通し
  芳香族製品の需給見通し
・アジアの地域別・国別石化製品生産能力と新増設計画(総括表)
・アジアの石化製品企業別新増設計画
・アジアの地域別・国別製油所能力と新増設計画

第2章 アジア各国・地域の石油化学工業
各国ごとに以下の内容を収録しています。
・経済指標および特色・発展史など
・主要石油化学製品の生産能力と新増設計画
・石油化学製品の需給動向
・主要都市および石油化学基地配置図
・石油化学コンプレックスフロー図
・コンビナートの現況と原料手当状況
・製油所能力と新増設計画

※韓国および台湾については
 ・主要財閥系列・グループ関係の紹介
 ・企業別石油化学製品生産能力と新増設計画などについても詳しくまとめています。
※中国については、SINOPECとCNPC傘下企業のリストや業績なども収録。

第3章 日本とアジア諸国との石油化学製品輸出入関係
各対象製品について、日本と対象21カ国との貿易関係を収録しています。
   ・日本からアジア諸国への石化製品輸出
     基礎原料(10品目)
     合繊原料(5品目)
     化成品(36品目)
     合成樹脂(27品目)
     合成ゴム(8品目)
   ・日本のアジア諸国からの石化製品輸入
     基礎原料(8品目)
     合繊原料(4品目)
     化成品(34品目)
     合成樹脂(30品目)
     合成ゴム(8品目)
   ・アジア諸国の日本との石油化学製品輸出入推移
   ・アジア諸国の国別・製品別石油化学製品輸出入状況
   ・アジア諸国の製品別・国別石油化学製品輸出入一覧

収録対象国・地域および対象品目
対象国および地域
韓国、台湾、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、インド、パキスタン、サウジアラビア、バーレーン 、カタール、クウェート、イラン、トルコ、イスラエル、アラブ首長国連邦

対象製品
ナフサ、エチレン、プロピレン、LDPE、LLDPE、HDPE、PP、VCM、PVC、SM、PS、ABS樹脂、BTX、パラキシレン、PTA、DMT、EG、AN、カプロラクタム、合成ゴム、エンプラほか、その他中間原料各種、合成繊維
雑誌番号 1281679873
出版社 重化学工業通信社
出版時期 11月の30日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。