TIME(タイム)の定期購読・バックナンバー・最新号

TIME(タイム)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

TIME(タイム)の詳細です。


TIME(タイム)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 TIME(タイム)
雑誌・冊子の内容 1923年創刊、発行部数368万部。世界200カ国、2000万人が読む世界最大の英文週刊ニュース誌「TIME(タイム)」。政治、経済、環境、文化、エンターテイメント、最新医療事情等、様々な分野をグローバルな観点から鋭く切り込む世界のオピニオンリーダー。日本では入手しにくいニュースを、TIME独自の見解・視点で伝えます。また、アジア版では日本の読者向けに、よりなじみの深いニュースを編集しておりますので、日本人にも身近な話題を外側から知る事が出来ます。そしてビジネスやインターネットなど、さまざまなシーンで英語力が重要視される時代。現代英語のお手本とされ、洗練された英語表現を駆使したタイムなら、世界の情報を通して生きた英語表現が身につきます。
詳細内容 Mar 22, 2018彪ol 191 No 12

Putin Believes He痴 Destined to Make Russia Great Again. And He痴 Just Getting Started

Putin Won. But Russia Is Losing

6 Real Ways We Can Reduce Gun Violence in America

President Trump Feels Good About White House Shake Ups. His Staffers Don稚

The Assassination of Brazilian Politician Marielle Franco Turned Her Into a Global Icon

A San Francisco Art Museum Tackles Art痴 Instagram Dilemma

How Deloitte CEO Cathy Engelbert Rose to the Top

Bill Hader on Playing a Hit Man, Anxiety and Avoiding Social Media

In the Roseanne Revival, the Political Becomes the Personal

Unsane Is a Big Thriller Filmed on a Small Phone

Wes Anderson痴 Isle of Dogs・Beauty Gets Lost in Its Own Ambition

New Orleans Mayor on Fixing the Story of Race in America: 選f It Was Taught One Way, It Can Be Unlearned・
”I wanted to, at least from a Southerner痴 perspective, speak very clearly about the verdict that history has now rendered”
雑誌番号 1281679826
出版社 タイム・インク
出版時期 毎週火曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。