TIME(タイム)の定期購読・バックナンバー・最新号

TIME(タイム)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

TIME(タイム)の詳細です。


TIME(タイム)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 TIME(タイム)
雑誌・冊子の内容 1923年創刊、発行部数368万部。世界200カ国、2000万人が読む世界最大の英文週刊ニュース誌「TIME(タイム)」。政治、経済、環境、文化、エンターテイメント、最新医療事情等、様々な分野をグローバルな観点から鋭く切り込む世界のオピニオンリーダー。日本では入手しにくいニュースを、TIME独自の見解・視点で伝えます。また、アジア版では日本の読者向けに、よりなじみの深いニュースを編集しておりますので、日本人にも身近な話題を外側から知る事が出来ます。そしてビジネスやインターネットなど、さまざまなシーンで英語力が重要視される時代。現代英語のお手本とされ、洗練された英語表現を駆使したタイムなら、世界の情報を通して生きた英語表現が身につきます。
詳細内容 Feb 12, 2018 Vol 191 No 5

Donald Trump Is Playing a Dangerous Game of Nuclear Poker

How North Korea Built a Nuclear Arsenal on the Ashes of the Soviet Union
Did former Soviet scientists help arm North Korea?

How Donald Trump Is Sowing Distrust in American Justice

Can Donald Trump Accept a Defeat In Afghanistan?

Why Attendees Left Davos Feeling Optimistic About the Economy

What Happens When Amazon Takes on Health Care

How This Photographer Documented Her Mother’s Battle With Mental Illness on Instagram
Photographer Melissa Spitz gives new dimension to mental illness in images of her own parent

Zadie Smith’s Feel Free Shows She’s a Renaissance Woman

Lisa Halliday’s Asymmetry Is All About A Lopsided Romance

How 7 Widowed Fathers Overcame Their Fear That ‘The Wrong Parent Died’
After becoming single parents to young children

Why We Shouldn’t Shield Children From Darkness
Maybe instead of anxiously trying to protect our children, our job is to simply support them
雑誌番号 1281679826
出版社 タイム・インク
出版時期 毎週火曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。