レジデントノートの定期購読・バックナンバー・最新号

レジデントノートの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

レジデントノートの詳細です。


レジデントノートの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 レジデントノート
雑誌・冊子の内容 研修医の方を主な読者対象とした、実用的で実践に即役に立つ雑誌です。臨床研修で最初に必要となる事柄、研修中に身に付けておくべき事柄について、第一線で活躍の臨床医がわかりやすく執筆。特にプライマリケア、救急疾患への対応を中心に取り上げます。研修医に必要な事柄はそのまますべての医師に必要となりますので、若手医師を中心に向上を目指すすべての医師に愛読していただける雑誌を目指しております。もちろん、学生の方の臨床実習にも役立ちます。
詳細内容 第1章 総論:小児救急の基本
1.ER 医から見た小児救急とは…【林 寛之】
2.米国小児救急専門医から見た小児救急とは…【井上信明】
3.ラポール形成【児玉和彦】
4.病歴のとり方【茂木恒俊】
5.身体診察のしかた【伊原崇晃】
6.乳児の診かた【木村武司】
7.手技【多賀谷貴史】
8.輸液,経口補水療法【松井 鋭】
9.救急外来での超音波 ~明日から使える小児超音波のコツ~【竹井寛和】
10.鎮痛・鎮静【朱田博聖】
11.虐待【小橋孝介】
12.薬剤の使い方~抗菌薬を中心に~【手塚宜行】
13.小児救急医学の勉強のしかた【萩原佑亮】
第2章 緊急度の評価
1.PALS の概念,そして,PALS の先へ【鉄原健一】
2.バイタルサイン【鉄原健一】
3.A(気道)の評価と管理【大杉浩一】
4.B(呼吸)の評価と管理【野澤正寛】
5.C(循環)の評価と管理【後藤 保】
6.D(神経)の評価と管理【小山泰明】
第3章 よく出会う小児の症候
1.発熱【手塚宜行】
2.けいれん【富田慶一,植松悟子】
3.咳嗽【廣瀬陽介】
4.喘鳴【武石大輔】
5.腹痛 ~機能性便秘症を中心に~【土肥直樹】
6.嘔吐【原田 拓】
7.発疹【児玉和彦】
8.不機嫌な乳児【石川祥一朗,伊藤友弥】
9.電解質異常 ~低ナトリウム血症~【黒澤寛史】
第4章 よく出会う小児の外傷
1.外傷の評価の違い~虐待,小児の外傷の特徴含む~【林 卓郎】
2.頭部外傷【松岡由典】
3.創傷のみかた(縫合含む) ~なるほど,次からそうしよう!と思える創傷のみかた~【舩越 拓】
4.小児の骨折【辻 聡】
5.小児熱傷【光銭大裕】
6.子どもの事故予防【林 幸子】
雑誌番号 1281679806
出版社 羊土社
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。