実験医学の定期購読・バックナンバー・最新号

実験医学の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

実験医学の詳細です。


実験医学の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 実験医学
雑誌・冊子の内容 分子生物学と医学を結ぶパイオニア的雑誌として、多くの方にご愛読いただいています。最もHOTな研究分野を独自にリサーチし、第一線で活躍する研究者への依頼原稿によって最先端の研究動向を紹介することで、常に読者のニーズに応える編集内容を心掛けております。
詳細内容 特集
がんは免疫系をいかに抑制するのか
免疫チェックポイント阻害剤の真の標的を求めて
企画/西川博嘉

概論―がん免疫が開くヒト免疫学新時代【西川博嘉】
がん微小環境における免疫病態【河上 裕】
すべてはここから始まった,CTLA-4【横須賀 忠,若松 英, 古畑昌枝,豊田博子,秦 喜久美,矢那瀬紀子,町山裕亮】
それでもわれわれがPD-1を捨てられない理由【石田靖雅】
制御性T細胞・ステロイド―異なる2つの観点からの“免疫抑制”【前田優香】
TAM・MDSCによる免疫抑制機構【吉永正憲,竹内 理】
がん局所の代謝改善による免疫抑制の解除【高塚奈津子,茶本健司】
新規がん免疫療法研究開発の「狂騒曲」【冨樫庸介】

連載
News & Hot Paper Digest
天体観測の技術で生体内部の視界を開く【清末優子】
接触性皮膚炎の病態はわさびとからしの受容体で説明できる【丸山健太】
抗体による内在性タンパク質分解除去【鐘巻将人】
脳神経回路の結合配線ロジックは?【水谷治央】
アムジェン社 v. サノフィ社判決から窺える抗体医薬クレームの広さ【飯田雅人】
カレントトピックス
通性化学合成独立栄養好熱細菌における可逆的な始原的TCA回路の発見【布浦拓郎,力石嘉人,跡見晴幸】
多発性硬化症において,血中のエクソソームが制御性T細胞の分化 を抑制する【木村公俊,北條浩彦,山村 隆】
狙ったDNA塩基を直接変換,細菌ゲノムの高効率点変異・多重改 変技術【寺本 潤,坂野聡美,西田敬二】
FoxO転写因子はオートファジーやプロテオグリカン4調節を介して軟骨の恒常性や変形性関節症を制御する【松﨑時夫,Martin K. Lotz】
クローズアップ実験法
生物画像処理・解析を加速するImageJマクロプログラミング【加藤 輝】
Next Tech Review
RNA情報を編集する新たな遺伝子改変・制御技術【福田将虎,野瀬可那子】
見せる、魅せる!研究3DCGアニメーション入門
動け,CG!【太田 将】
私の実験動物、やっぱり個性派です!
オミクス解析にも応える実験動物ソメワケササクレヤモリ【原 雄一郎,清成 寛,工樂樹洋】
創薬に懸ける~日本発シーズ、咲くや?咲かざるや?
ユニークな創薬戦略により見出されたMEK阻害剤トラメチニブ【酒井敏行,山口尚之】
ラボレポート独立編
アメリカで魚類の進化発生のラボを運営するーDepartment of Genetics, Rutgers, TheStateUniversityofNewJersey―【中村哲也】
Opinion
海外大学院への進学という選択肢【水口智仁,落合佳樹,戌亥 海】
バイオでパズる!
バランスをとろう【山田力志】

関連情報
INFORMATION 人材/大学院生/セミナーなどの情報
雑誌番号 1281679805
出版社 羊土社
出版時期 毎月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。