Daytona(デイトナ)の定期購読・バックナンバー・最新号

Daytona(デイトナ)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

Daytona(デイトナ)の詳細です。


Daytona(デイトナ)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 Daytona(デイトナ)
雑誌・冊子の内容 コンセプトは、「如何に人生を楽しめるか!」所ジョージさんをメインキャラクターとして、“ライフスタイルの創意工夫”をテーマに、クルマ、バイク、ファッション、家、スポーツなどあらゆるジャンルを多角的な視点で捉え、独自の切り口で紹介!楽しく豊かなライフスタイルを提案するのが「デイトナ」です。面白い!カッコイイ!欲しい!という素直な感情をそのまま誌面にて展開しています。誌面内容は「世田谷ベース」の毎月の出来事とデイトナ的目線で面白い、楽しいコト、モノを紹介!
詳細内容 ◎今月の世田谷ベース

01.【Dadge Coronet】コロネット 使うのはボディと内装だけ??驚愕のカスタム内容が明らかに

02.【Dai-Tai Watch】ダイタイ時計 いよいよ完成が近づいてきた新型ダイタイ時計。

03.【Lemon grass】レモングラス コルベットのボンネットで長いこと乾燥させていたレモングラス

04.【Cub Jacket】カブジャンパー 所さんが発足した世田谷カブグループのオフィシャルジャケット完成

05.【Hammer】撃鉄 失くしてしまった模型の銃のハンマー作りに励む所さん。


◎巻頭特集:故きを温ねて、今を生きる ヴィンテージのある生活

ヴィンテージが魅力的なのは、希少で価値があるからだけじゃない。その背景にあるストーリーは
、いつも興味深くて示唆に富んでいる。長い時間を生き抜いたという事実には、どんな言葉よりも
強い説得力があるし、ブレることのない存在感がある。効率やスタイルばかりが重視される時代
だからこそ、いまヴィンテージと暮らしたいと思うのだ。そこには、真に豊かな生き方のヒント
が隠されているはずだから。

・“憧れ”のヴィンテージレーサーと本気で付き合うバイクライフ

・ヴィンテージポスターを通して提案する新たなカルチャー

・かつての職人の息吹を感じるヴィンテージ・ロードバイクのススメ

・昭和の金物から見る日本のモノ作り

・ヴィンテージキングに聞く、古着の魅力

・アメリカ、北欧の次はこれ!!奥深きオランダ家具に注目せよ

・ELECTRIC GUITAR ヴィンテージにしか“出せない音”とは?

・そもそも“ヴィンテージ”とは何なのか?

・秘密基地的ガレージに詰め込んだホットロッド・コレクション

・不思議な雑貨が集まる、大人のワンダーランド

・日本酒にもヴィンテージがあるって知ってましたか?


その他コンテンツ

◇D.V.D TRADER / 1990 ISUZU GEMINI 1.6 IRMSCHER

◇ACG / 1969 CHEVROLET Camaro SS396

◇West Coast Approach to / WATER WISE PLANTS LIFE

◇この春にやりたい!!ジャパニーズアメリカンBBQ

ほか


雑誌番号 1281679635
出版社 ネコ・パブリッシング
出版時期 毎月6日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。