新文化の定期購読・バックナンバー・最新号

新文化の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

新文化の詳細です。


新文化の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 新文化
雑誌・冊子の内容 「新文化」は1950年12月創刊。2015年には65周年を迎える出版業界唯一の専門紙です。 新刊情報から流通問題まで、出版業界に関する様々な出来事の最新情報をお届けします。 ◆紙面構成◆1面は、出版業界の旬な話題・テーマを取り上げる特集記事。2・3面は出版 業界の最新ニュースをより詳細に。最終面は、書籍・雑誌の編集現場や書店紹介する特集 記事。そのほか、週間ベストセラー、月間ベストマガジン、月間コミックベスト、新規出 店情報などのデータ記事や、海外の出版業界事情を紹介する「海外レーダー」、業界人に よる「風信」「本を手渡す人」などの連載コラムを掲載。毎週木曜発行。
詳細内容 【記事見出し一覧】

12万票超!ポプラ社「こどもの本総選挙」/創立70周年事業・〝こどもの本〟をサポート(1面)
連載【この人・この仕事】日本書籍出版協会・大森龍太氏(1面)

日販/AI自動選書サービス「Seleboo」開発(2面)
日書連/書店経営環境改善の実務者会議・出席者6氏を選出(2面)
電子図書館サービス/「LibrariE」導入60館に達す(2面)
日販・トーハン/GW書店売上げ調査・2社とも前年同期比4.8%減(2面)
JPO/大久保専務理事が辞任・後任に渡辺政信氏が内定(2面)
楽天/第1四半期は増収増益(2面)
東武ブックス/「クロス・ポイント」に商号変更(2面)
文藝家協会/出久根理事を再任(2面)
博報堂DY連結決算/売上高1兆3350億円・前年比6.3%増(2面)
東京美装梱包が自己破産(2面)
連載【風信】伊勢えびの謎/祥伝社代表取締役社長・辻浩明(2面)

「書籍」売上12.4%増/日経BPマーケティング(3面)
光文社/広告大賞にディオールJ・読者が選ぶ広告コンクール(3面)
セブン&アイ出版/料理月刊誌を発売(3面)
東京堂出版/初の児童書刊行(3面)
婦人之友社/「婦人之友」6月号増売へ(3面)
青山ブックセンター/六本木店が閉店6・25(3面)
角川春樹事務所/角川春樹小説賞に今村翔吾「童神」(3面)
【人事】CHINTAI/丸善出版/集英社/丸善雄松堂/小峰書店/秀和システム(3面)

野間省伸大会会長「それぞれが変化に向けた行動を」/第57回「全国出版人大会」開催(4面)

第57回「全国出版人大会」/永年勤続者314名・長寿祝賀39名(5面)

連載【週間ジャンル別ベストセラー】(6面)

岩崎書店/忌野清志郎さん絵本原画展(7面)
JUCC/春季定例セミナー・著作権法、はじめの一歩(7面)
【会と催し】日本編集制作協会/第13期「基礎から学ぶ新しい編集技術」(7面)
連載【月間ジャンル別ベストマガジン】4月調査・上(7面)

本とカフェ、ワークラウンジを複合/「神保町ブックセンター」開業から1カ月(8面)
連載【本を手渡す人】てんびんの詩/岡山・未来屋書店岡山地区大型店長・櫻井恭子(8面)
連載【こじらせ系独身女子の新井ですが】オラは今日も畑に出る/三省堂書店・新井見枝香(8面)
連載【海外レーダー】躍進続くフランス児童書・創造性と美意識で世界へ(フランス)(8面)
雑誌番号 1281679601
出版社 新文化通信社
出版時期 毎週木曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。