トッププロモーションズ販促会議の定期購読・バックナンバー・最新号

トッププロモーションズ販促会議の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

トッププロモーションズ販促会議の詳細です。


トッププロモーションズ販促会議の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 トッププロモーションズ販促会議
雑誌・冊子の内容 販売促進の基本ノウハウから、、売り場における陳列方法やPOP、そしてウェブやモバイル、SNSなどを活用した最先端の成功事例まで売りの現場で役立つ知識と情報が満載。また、企画書の作り方、効果的なプレゼンテーション手法など、実際に使用された貴重な事例も交えながら、ビジネス全般に役立つ企画・アイデアの立て方を学べます。店頭で活きる、明日から実践できるアイデアをお届けします。
詳細内容 【特集】

「体験」が実店舗を進化させる

オンライン購入の人気が高まるなか、 実店舗が提供する価値には変化が求められています。欲しいモノが手に入る、見つかるという機能はもちろん、
驚きや安心、楽しさ、スリルなど、情緒的な価 値を感じられる機会を提供する。そうした感性的な欲求に訴える、さまざまな店舗を紹介します。


・アダストリア「BAYFLOW吉祥寺店」/有隣堂「HIBIYA CENTRAL MARKET」/
スターバックスコーヒージャパン「スターバックスコーヒー目黒セントラルスクエア店」

・記憶に残る、また来店したくなる体験
西武池袋店/松屋銀座/GINZA SIX/渋谷キャスト/ルミネアグリプロジェクト

・購買体験の変革
FABRIC TOKYO/ローチケ HIBIYA TICKET BOX

・「泊まる体験」の再定義
HOTEL koé/ONOMICHI U2 HOTEL CYCLE/BOOK AND BED TOKYO
/BnA STUDIO Akihabara/ザ ミレニアルズ

・機能を超えた価値を持つプロダクトデザイン
オルビス「ジュエリーサプリ」/湖池屋「コイケヤ どうぶつえん」/サッポロホールディングス
「ホワイトベルグ コロコロストッカー」/大王製紙「見せるトイレコーディネート ~北欧~」

・なぜコリスはぼくらの心をとらえるのか
針生謙一

・AdverTimes DAYS 注目の講演レポート

・第10回販促コンぺ 審査員からのアドバイス ほか

【SERIES】

・テクノロジーとインサイトで描く
マーケティングの未来予想図 #2
大日本印刷

・買う5秒前IIvol.46
60代だけど遊びたいワタシ

・アクティベーションツール

・[POP]vol.46
ブリヂストンサイクル「回復充電」体験什器

・[パッケージ]vol.79
菊正宗「しぼりたてギンパック」

・経営トップ販促発想の着眼点 vol.42
ディーフィット 立川真由美社長

・スポーツに学ぶ集客術 vol.19
千葉ジェッツ

・販売力を高める事業構想 vol.35
ボルボ・カー・ジャパン

・秘公開 これがプロの企画書だ !
vol.251
三陸鉄道「養命酒こたつ列車」でおもてなし」
凸版印刷 平田拓也氏

・Idea & Techniques

・プロモーションパートナー選びに
必要なこと 大関

・企画の実施・実現をサポート!
「SPパートナー企業一覧」

・April’s Topics Recap
雑誌番号 1281679547
出版社 宣伝会議
出版時期 毎月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。