新潮の定期購読・バックナンバー・最新号

新潮の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

新潮の詳細です。


新潮の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 新潮
雑誌・冊子の内容 歴史と伝統を誇る月刊文芸誌。三島由紀夫賞などの文学賞が発表されます。
詳細内容
 藁の王[二〇〇枚]/谷崎由依

 わたしは小説を書く。教える。その行為それ自体を訝りながら
 ――講義は執筆を脅かし、やがて文学の深淵を覗かせる。
 作家の飛翔作!


---------------------------------------------------------------------------


 ともだち/日和聡子

 一人きりの女の子の、お人形遊びに秘められた引力。
 期待と怖れが濃密に交錯する幻想譚。


---------------------------------------------------------------------------


 ニューオーリンズの幽霊たち/柴崎友香

 作家は第二次世界大戦博物館で亡き父を思う。
 アメリカと日本を架ける、歴史=物語への旅。


---------------------------------------------------------------------------


 ヒロヒト[第二回]/高橋源一郎


---------------------------------------------------------------------------


 ■■ 連載小説 ■■

 キュー(九)【最終回】/上田岳弘

 ビッグ・スヌーズ(五)/矢作俊彦

 格闘(十六)/高樹のぶ子

 野の春(二十)/宮本 輝

 荒れ野にて(三十六)/重松 清


---------------------------------------------------------------------------


 第44回〈第二期第十九回〉川端康成文学賞発表

 こことよそ/保坂和志

 【選評】■荒川洋治 ■角田光代 ■辻原 登 ■堀江敏幸
  ■村田喜代子


---------------------------------------------------------------------------


 第51回《新潮新人賞》応募規定

 【選考委員】●大澤信亮 ●川上未映子 ●鴻巣友季子
  ●田中慎弥 ●中村文則


---------------------------------------------------------------------------


 第31回《三島由紀夫賞》候補作品発表


---------------------------------------------------------------------------


 小説の現在地とこれから/高村 薫

 純文学はなぜエンターテインメントに引き寄せられていくのか。
 2018年文学状況論。


---------------------------------------------------------------------------


 〈映像演劇〉宣言/岡田利規

 演劇は現象としてのフィクションである
 ――チェルフィッチュが問う、新たな表現の形。


---------------------------------------------------------------------------


 映画から動画へ――「スター・ウォーズ」の40年史/池田純一

 映画は今、映画をやめ始めている。
 ソーシャルメディアの時代にSWはいかに変容したか?


---------------------------------------------------------------------------


 愚者たちの希望――新しい宮沢賢治(5)/今福龍太


---------------------------------------------------------------------------


 これは小説ではない(二)/佐々木 敦


---------------------------------------------------------------------------


 小林秀雄[第五十五回]/大澤信亮


---------------------------------------------------------------------------


 地上に星座をつくる/石川直樹

 第六十三回・湖を歩いて渡る


---------------------------------------------------------------------------


 見えない音、聴こえない絵(一六三)/大竹伸朗


---------------------------------------------------------------------------


 ■新潮 

 ・波の音やら海の音/上間陽子

 ・アピチャッポンの森にわけ入る/金子 遊

 ・文化の所有者/嶋崎聡子

 ・約束ごとと記号のドラマ/高山羽根子

 ・お風呂はライオンと一緒に/田中秀臣

 ・不在との踊り方/ハラサオリ


---------------------------------------------------------------------------


 ■本 

 ・グレアム・スウィフト『マザリング・サンデー』
 /古谷田奈月

 ・諏訪哲史『紋章と時間――諏訪哲史文学芸術論集』
 /高柳 誠

 ・堀江敏幸『曇天記』/星野 太

 ・ウラジーミル・ナボコフ『処刑への誘い/事件
 /ワルツの発明』/三浦 基

 ・松本卓也『享楽社会論――現代ラカン派の展開』宮崎裕助

雑誌番号 1265
出版社 新潮社
出版時期 毎月7日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。