Pen(ペン)の定期購読・バックナンバー・最新号

Pen(ペン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

Pen(ペン)の詳細です。


Pen(ペン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 Pen(ペン)
雑誌・冊子の内容 モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。
詳細内容 【特集】クリエイターを触発する、軽井沢の森へ。

避暑地として繁栄し、日本有数の別荘地になった「軽井沢」。
浅間山の麓、標高約1000mの高原には雄大な自然が広がり、
夏にはむせぶような緑に包まれ、冬には凛とした寒さがやってくる。
だがこの町は、単なる観光地やリゾートとは違う。
宿場町文化が残り、外から来る人たちに優しくオープンで
東京はおろか世界中からクリエイターが自然に集まってくる。
「美しい自然」と「心地よい暮らし」から生まれるクリエイション。
それらを支えるのは、軽井沢の人々が大切にする「森」である。


クリエイターを触発する、軽井沢の森へ。

かけがえのない多様な森は、こうして育った。

軽井沢に刺激される、10人のクリエイター
高木由利子 写真家│皆川 明 ファッション・デザイナー│小山 剛 木工作家│山岸正明 雑貨店オーナー│
田淵三菜 写真家│田端志音 陶芸家│デビット・スタンリー・ヒューエット アーティスト│
藤田素子 ガラス工芸作家│栁澤領吾 農家│堀内耕太 シェフ

吉村順三が設計した、「森を愉しむ」小さな家。

この地を愛した、白洲次郎の別荘を訪ねて。

小山薫堂さんと考える、この町の魅力と未来。

宿場町から別荘地へ、軽井沢の歩みを知ろう。
つるや旅館│万平ホテル│軽井沢プリンスホテル│星のや軽井沢

木々をわたる風を聞きながら、文人たちの足跡をたどる。

野鳥がさえずる森で、動物との共存を体感。

「森の学校」で育まれる、グローバルな視点。

おいしい水と空気が生む、至福のコーヒー
丸山珈琲ハルニレテラス店│レイコーヒーハウス│
コーヒーハウス シェーカー│ナチュラル カフェイーナ

避暑地の朝は、香り高いパンでスタートする。

ソムリエが薦める、いま飲むべき地酒6選。

人気ローカル線「しなの鉄道」を、堪能する。

世界の名車が集う、クルマ好きたちの聖地。

森の町がもっと楽しくなる、5つの最新情報。

その他、連載など。
雑誌番号 1220627
出版社 CCCメディアハウス
出版時期 毎月1,15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。