Pen(ペン)の定期購読・バックナンバー・最新号

Pen(ペン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

Pen(ペン)の詳細です。


Pen(ペン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 Pen(ペン)
雑誌・冊子の内容 モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。
詳細内容 【特集】生誕90周年 マンガの神様
手塚治虫の仕事。

60年の生涯に15万枚以上を描き、「マンガの神様」と呼ばれる手塚治虫。
彼が逝去して30年の月日が流れた。
だが現在も第一線で活躍するマンガ家の多くがいまだにオマージュを捧げ、編集者は手塚の著書を教科書がわりにして新人を育てている。
マンガやアニメにとどまらず、現代カルチャーの多くは、なんらかの影響を受けていると言っても過言ではないだろう。
では改めて、手塚の仕クリエイション事のすごさとは、どこにあるのか。
本特集ではこの点に、さまざまな角度から光を当てる。
付録のマンガ『がちゃぼい一代記』は、手塚の半生が詰め込まれた作品。
また、手塚の温もりが残る仕事場は、自身もマンガ少年だった篠山紀信さんに撮影をお願いした。
手塚治虫の新作を読むことはもう叶わない。
だが、表情豊かなキャラクター、息をのむような物語は、我々の心の中で不死鳥のように生き続ける。


アニメと戦争体験が、作品創作の原点だった。

新人作家は必読の、手塚流マンガの教科書。

「モブシーン」と「コマ割り」こそ、その真骨頂。

マンガのプロも唸った、「神様」の目線と情熱。
『ブラック・ジャック』寺沢武一 漫画家/『鉄腕アトム』中野晴行 編集者兼ライター/
『新選組』萩尾望都 漫画家/『火の鳥』くらもちふさこ 漫画家

あの傑作の真のテーマを、ずばり解説。

SFに風刺モノまで、分フィールド野の広さに舌を巻く。

執念と労力を注ぎ続けた、実験アニメーション

マンガを愛する同志が、熱い絆で結ばれた。

『漫画少年』を知らずに、トキワ荘は語れない。

宝塚という地が、作家としての礎をつくった。

すごろくで振り返る、60年のマンガ人生。

家族が語る、父の素顔と並外れたエネルギー

そのクリエイションに直に触れた、3人の証言。
横尾忠則 美術家/難波弘之 作曲家・編曲家/松谷孝征 「手塚プロダクション」代表取締役

巨星の最後の仕事場を、篠山紀信が撮る。

その他、連載など。
雑誌番号 1220627
出版社 CCCメディアハウス
出版時期 毎月1,15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。